地主との交渉も安心して任せられる借地権買取専門不動産会社

角地

借地権の買取は不動産会社の上手な選び方

家とお金

借地権の買取を希望する方は、必ず専門の不動産会社へ相談してください。個人では法律の知識や交渉のテクニックがよほどないと、良い結果は得られません。しっかりとプロにお願いして、スムーズで失敗のない借地権売却を行いましょう。しかし、実はどの不動産会社に頼むのかについても、とても重要になってきます。今回はそんな不動産会社の選び方を解説します。
オススメなのは、不動産会社の一括査定です。一括査定であれば、一度の申し込みで複数の会社に査定の依頼を出すことができます。実際に査定してもらうことで、しっかりと会社を比較することができると言えるでしょう。ただし、あまりにたくさんの会社に査定の申し込みを出してしまうと、それはそれで手間がかかって大変です。なので、5社か6社程度に抑えた方が比較はしやすいと覚えておきましょう。またいくつか候補の不動産会社が絞れたら、今度は口コミを調べてみましょう。口コミで評判が良く実績もあるようなところは、安心して任せることができる会社だと考えられます。
借地権の買取のご予定がある方々は、ぜひ上記のような選び方で不動産会社を選んでみてください。そうすれば、きっと納得のいく借地権買取が実現できるでしょう。

借地権を買取する際に建物はどうなるのか

地主であったり第三者に借地権の買取をしてもらいたいとお考えの方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。そして、その際に建物はどうなってしまうのか、疑問に思われる方も同様に多いでしょう。
建物の扱いは、借地契約の状況によって異なります。実は借地権の契約には旧法と新法があり、新法での契約でかつ、定期借地契約の場合には建物は取り壊し更地にして地主に返還をしないといけません。その際の取り壊しの費用は、自分持ちということになります。一方定期借地契約ではない場合には建物を一緒に買取に出すことができます。とはいえ、建物の方は長く住めば住む程価値が下がっていくので、その点も考慮しないといけません。
土地の上の建物がどうなるにせよ、借地権を売却したいと思った場合には、専門の不動産会社へ相談すべきだということは共通して言えるでしょう。借地権の売却や買取は地主との交渉がとても重要であり、また法律の知識も必要になってくる難易度の高いものです。素人がいきなりできるものではありません。なので借地権の売却を思い立った際には、上の建物の扱いを含めて専門の不動産会社にまずは相談してみるのが一番わかりやすいと言えるでしょう。どうぞ参考になさってください。

第三者に借地権を買取してもらうにはどうしたら良いのか

借地権というのは地主から借りているものになりますが、実は第三者に売却をすることも不可能ではありません。しかし、借地権の買取を第三者にしてもらいたいと思っていても、その方法がわからないとお悩みの方も少なくないでしょう。第三者に借地権を売却するにはどうしたら良いのか解説していきますので、どうぞ参考になさってください。
まず、借地権を第三者に売却するには、地主の許可をもらう必要があります。許可が出なかった場合や、地主が買取を希望するような場合には第三者への売却は認められません。基本的に借地権買取には順番があり、一番最初に地主に買取の権利があります。これは第三者への借地権売却までの一つのハードルだと言えるのではないでしょうか。もしもこの順番を飛ばしていきなり第三者との間で約束を交わしてしまうなどをすると、法的トラブルに繋がる危険性さえありますので注意をしてください。
なんにしても、これらのやりとりを知識のない個人が行うのはまず無理だと言えるでしょう。地主への交渉が失敗してしまうと、第三者への借地権の売却はできなくなってしまいますから、そうならないためにも必ず専門の不動産会社へ相談をしましょう。そうすれば正しい手順で売却を進めていくことができるはずです。

借地権買取をしてもらうなら、【ピタットハウス上野昭和通り店】がおすすめです。借地権の扱いに慣れたスタッフも在籍しているため、多くの不安点や疑問点を持っている方でも簡単に買取してもらうことができるでしょう。